Home > サーフィン基本 > 中古サーフボードの選び方

中古サーフボードの選び方

後悔しない激安サーフボードの話でも、中古サーブボードを購入についてお話ししました。僕は初心者〜初級者のサーフボード購入において、中古のサーフボード購入は悪くない選択肢だと思っています。
理由としては、サーフィンを始めたばかりの頃だと、レベルによって選ぶべきサーフボードがだいぶ違ってきます。つまり、最速でレベルアップするためには、現在の自分のレベルに合わせてサーフボードを乗り換えることが良いためです。そういった意味で、中古のサーフボードであれば購入し易いと思うからです。

中古サーフボードはどこで買えるのか

多くのサーフショップで、中古のサーフボードを販売しています。良心的なサーフショップであれば、適切なアドバイスもくれますし、購入の際にはきちんと相談に乗ってくれるはずです。そういった意味では、やはり一番間違いが少ないのがサーフショップで購入することでしょう。ただし、サーフショップで扱っているボード数には限界がありますので、在庫の中から選ぶか、希望するサーフボードが売りに出されるまで待つしかありません。また、各サーフショップで販売している中古ボードは、そのお店で取り扱っているボードメーカーがほとんどだと思います。最近インターネット上でHPを持っているショップですと、中古サーフボードのストック状況を公開している場合もありますので、まずはそういったショップのHPを覘いてみても良いでしょう。

最近ではオークションで売っているサーファーを多く見るようになりました。自分にあったサーフボード選びをするのは難しいかもしれませんが、日本中(eBayなら世界中)から探すことが可能です。

僕も少し前に、手持ちのサーフボードを買い取ってもらった(サーフショップでは売れそうにないガンだったので・・・笑)のですが、お店は一般のリサイクルショップです。僕の利用したのはBOOKOFFの系列店OFFHOUSEでした。そういったどこにでもあるリサイクルショップですが、サーフボードももちろん買い取ってくれるわけです。サーフショップで委託して販売する方が高額で売れそうですが、逆に考えれば掘り出し物がある可能性も高いわけです。
僕の利用したお店は茂原にありまして、予想以上の数のサーフボードが売られていることに驚きました。しかも1ヶ月ほど後に再度来店してみると、なんと売れていたのでビックリです(多分、、長いのでファンボードだと思ったのかも・・・)。比較的海に近いところにあるリサイクルショップの方が、サーフボードを置いている確率が高いかもしれませんね。

中古サーフボード購入の際の注意点

中古と言っても、売られる理由はいくつも考えられます。僕のように一生乗る機会がない新品のガンが売りに出す場合もあるように、中には新品同様のサーフボードもあります。それらの多くは、買ったもののサーフィンを続けなかった場合や、所有者に合わずに手放したケースなどです。ただ、やはり一番多いのは、ガッツリ乗り潰した中古のサーフボードです。足が乗る場所の凹みなんかはしょうがないとして、買う前によ〜くチェックしなくてはいけないのは傷や修理歴についてです。乗り潰されたサーフボードが無傷である確率は非常に低いです。小さな傷程度なら当たり前ですが、ヒビが入って修理した痕あったり、大きくえぐれてしまっただろう修理などもザラにあります。ノーズだけならまだしも、中心で真っ二つになったようなサーフボードはさすがに避けましょう。
修理の仕方についてもチェックが必要です。きちんと丁寧に修理されているようであれば問題ありませんが、見るからに雑そうだったり、売る前に急きょ直したような感じですと、中のフォームが水を吸ったまま修理さている可能性などもありえますので、そういったボードは手を出さない方が無難です。

新古関わらず全てのサーフボード購入の際に言えることですが、適切なアドバイスをくれる人(サーフショップの店員さんやサーフィンがうまい友人など)に相談した上で購入することが一番間違いがないかと思います。レベルに合ったサーフボードを選ぶことが大切です。
誰しも一度以上失敗しているはずですから、神経質になり過ぎずにチャレンジしてみてくださいね。