Home > アンチエイジング > 歯の老化を防ぐ

歯の老化を防ぐ

人間にとって大切なパーツはどこだろうかと考えると、正直いらない箇所なんてないように感じますね。足だって手だってないと不便どころの話じゃないでしょうし、目が見えないことや耳が聞こえないことだって、想像が出来ないほど大変なはずです。ただしどれも、現実的に起こりうる災難であるとはなかなか思えませんし、現実問題として考えることが出来ないものでもあります。だけどもし歯の話になればどうでしょうか?生まれて今まで虫歯や歯周病など何も歯の病気で歯医者に行ったことが無いという人は非常に貴重です。歯磨きが上手に出来ない幼少時代には何度も歯医者のお世話になったのではないでしょうか?大人になるほど歯医者に行く機会が増えたかもしれません。虫歯だけでなく、歯周病に悩んだり歯石除去のためだけに歯医者に行く場合もありますよね。毎日使っている歯ですが、どれだけ有難い存在であるか、よくよく考えてみると非常に偉大な存在なのです。
幸いにも私はまだ自分の歯で食事することができますが、虫歯や歯周病で歯を失ってしまいますと、いずれば自分の歯が1本もなくなってしまうかもしれません。挿し歯なのか総入れ歯なのかはわかりませんが、想像する限り出来れば避けたい事態です。歯が健康であることで、毎日食事が美味しく出来るのは意外と分かっていなかったりしますよね。当たり前だと思っているだけで、失ってからではもう元に戻すことは出来ませんね。人間は食べ物を食べないと生きていけませんし、食べる喜びを失うと人生の楽しさの大きな一部を失ってしまうのです。年をとればアクティブな楽しみは減ってきますし、食べることが唯一の生きがいと言う方も大勢います。だからこそ、年をとっても歯を健康な状態で維持できることが非常に大切となってくるのです。
毎日の歯磨きが大切であることは言うまでもありませんが、どうしても虫歯などになってしまう場合もあります。大事なのは、定期的に歯の検診を受けて、取り返しのつかない状況になる前に治療することです。小さな虫歯であれば治療できますし、歯磨きの悪い個所などを歯医者さんで教わることもできますね。面倒がらずに定期的に歯医者に行くことをお勧めします。
高齢になっても歯を健康に保てる人の秘訣として、食事内容が大きく係わってくるそうです。重要なのは根菜などの固い食材を食べること。良く噛む、歯石が付かない(落ちる)、唾液も出る、といった良いことがたくさんあり、実は歯磨き異常に大切だという説もあるようです。柔らかい物ばかり食べていては歯は老化するばかりかもしれません。少しでも美味しく食事を楽しめるよう、歯の老化には気をつけたいものです。