Home > 美容・健康 > 冬のニキビの原因はコレだった

冬のニキビの原因はコレだった

夏の間のお肌は、紫外線の影響を受けてしまったり、皮脂分泌も多くなってニキビが出来易い場合が多いですよね。大人ニキビ肌の私も夏はお顔がテカテカしてしまってべたべたしますし、ニキビが出来る場所もおでこなんかが多かったりします。夏の間中そんな汚い感じ?のニキビ肌と格闘するわけですが、秋が過ぎ冬になり始めた頃には肌荒れも少し落ち着きます。皮脂分泌も落ち着く感じで、テカテカが減るんですよね。あ〜よかったと安心してお手入れも手薄になってしまっている冬本番、またしてもニキビ発生!今度は頬なんかにも出来てしまい、なかなか治らない!あれ?お肌がベタつく?と感じて入念に洗顔して・・・その結果またしてもニキビが出来たり治らなかったり・・・なんだか悪循環な状態に陥ってしまって考えました。
冬なのに脂っこい感じがする、でもなんだか肌がピキピキするツッパリ感・・・あれ?私の肌乾燥している??

うかつでした。真夏のギトギト肌のお手入れのまましっかり洗顔&しかも保湿そこそこでも夏場は突っ張らないから化粧水をパパッとつけるだけの生活だったものが、そのまま冬のお手入れも同じような感じで続けてしまっていました。

夏場の湿度の高い環境と違って、冬は空気も乾燥しているわけですからお肌も常に乾燥しやすい状態。化粧水や乳液・クリームで保湿してあげないお肌は乾燥して表皮が硬くなって毛穴がつまりやすくなり、しかも乾燥を防ごうとお肌が一生懸命皮脂を分泌してくれます。結果、大量生産された皮脂が毛穴に詰まりやすい状況を作り出し、それがニキビの原因となるのです。

よく考えたら当たり前のことでしたが、少しぐらい乾燥してても皮脂が出て乾燥を感じなくなってしまいますから、つい忘れてしまっていた盲点でした。

そこで化粧水パックを行ったりして保湿し、夏場はベタつく乳液やクリームでしっかりフタをしてあげます。ニキビのある人はリッチすぎるクリームはNGですので、油分の入ってない美容液なんかでよいでしょう。かさつきが多い場所だけクリームを足してあげましょう!

そんなお手入れを数日続けた結果、顔中に発生した白ニキビはスーッと引いていきました。やっぱり乾燥が原因のニキビだったのね!と感じた瞬間でしたね〜。

夏場には夏のお手入れ、冬は冬の肌にあったお手入れと季節に合わせてお手入れ方法を変えることが大切ですね!