Home > 美容・健康 > 手汗を止めるより、ポジティブになる対処法

手汗を止めるより、ポジティブになる対処法

僕の手汗との戦いはいつからだろうか・・・なんて考えても思い出せないのだけど、多分中学生のころからだったような気がする。手汗が酷い人だと、滴り落ちた手汗で水たまりが出来るとか言うけれど、幸い僕はそこまで酷くない。しかし普通よりはるかに多いはず!!治療するほどでもないようだし、かといって何気に結構生活で困ることが多いのがこの手汗。。
特に夏場になると、手汗の問題は大きくなるわけで、結婚してしまった今ではだいぶ気にならなくなったのだけど、独身の頃は正直死活問題のように感じていたのです。なぜかというと、こういう類の生理現象って、女性には嫌がられるものなんですよね。。初デートなんか余計に緊張して手汗も多くなってしまうし、手なんか絶対つなげない状態。触られたら最後「なんか手が汗っぽい」って話されてしまうのがオチ(実際に何回もありましたっけ・・・)。優しい?子だと、何気なく携帯を見るフリなんかして手を放してくれちゃいます。こんな時は隠し持ったハンカチでこまめに拭くしか対処法はないんです。まぁ、ずっと手を握っていては最後ですけど・・・。
さらには、僕の触ったものも気軽には渡せない。携帯をいじっていて、「ほらこの写真きれいでしょ」なんて見せた時に、「よく見せて〜」なんて言って携帯を渡す羽目になったりすると、ベタベタの携帯電話にかなり怪訝な顔をされることは間違いない。もちろん僕だって自分の汗でベタベタになったところは気持ち悪いわけで、こまめに拭いたりしないと最悪なんですよね。
仕事だって、手汗で困ることは多々あるもんで、挙げていったら正直キリがないくらい。たかが手汗と言われるけれど、誰にも心配されることもないうえに、みんなに嫌がられる・・・それが手汗なんじゃないか!・・・なんとも不幸な状態です。父親も手汗が結構酷いようだから、これって遺伝なんでしょうか?

悩んでもしかたがない!ポジティブになる!

とはいえ、一生治ることもないであろう手汗。手があるだけありがたいと思おうと、手のない人をみて思った。その人たちからすれば、手汗の酷い僕の手だってきっと喜んでほしいはずだしね。
手汗がどうしようもないのであれば、いっそ手汗が気にならない仕事や生活をすればいいのではないでしょうか。例えば、漁師になるとか、水産関係の仕事に付くとか、もしくはプールのインストラクターになるなんてどうだろうか。水に濡れていれば手汗なんて関係ないわけだし。現に僕は、サーファーなわけで、海にいれば手汗なんて気にならないし、カッコ良くもなったかも(笑)。

ネガティブに考えていても治るわけじゃないし、手汗なんて気にしない女性もいるのだから、悩んでいても仕方ないのだと僕は思えるようになりました。うちの奥さんは僕の手汗が酷くなると、パッと手を放して「キモイ!」と言ってきますが、笑える関係なので逆に気持ちが楽ですね。