Home > 美容・健康 > 目が痛い、涙が出る、しょぼしょぼする・・・その症状は

目が痛い、涙が出る、しょぼしょぼする・・・その症状は

生きていると目は寝ている時以外ずっと使っている状態です。日に何万回もまばたきをして、目の乾燥を防ぎながら生活しているわけです。涙で目の表面を潤して保護しています。

もともと視力が悪いものの、ものもらいなんかにもほとんどなることがなくって、たまねぎを切ると目が沁みてしかたがない・・・という程度の問題があるだけの私でしたが、ある日突然目がしょぼしょぼしたり、なんだか片目だけゴロゴロするのです。花粉症の季節だったので、なにか異物でも目に入って角膜が傷ついたのかな〜程度に思っていました。そんな状態が2週間ほど続いたある日、猫を触っていたその時・・・片目から突然涙が出てきて出てきて止まらない!しかも目が痛い?痛いんじゃないんだけどシクシクするというか、しょぼしょぼとも違うんですが、なんだか涙で目が沁みるような感じがして涙が止まらないのです。なんだなんだ〜!これはなんだ!と焦って目を洗うものの沁みる感じは治りません。しばらく目を閉じた状態で収まるの待ってみるのですが、目を閉じていても目の上面がチリチリする感じがして、今までにない目の不調でした。

まさか失明するのか!?と不安になって、色々調べてみることに。するとこの症状はドライアイのようなのです。確かにすばらく経った頃には目の違和感も消えていて、まだいつもとは違う感じがしてしょぼしょぼするものの、涙が出たりはなくなりました。もう完全にドライアイの症状そのものなのです。

ドライアイ、とってもかかっている人が多いとは聞いていたものの、自分は無縁だと思っていたのが遠い昔のことのようです。確かに仕事は細かい作業をする仕事ですし、パソコン作業も毎日数時間。目を酷使していることは間違いない生活をずっと続けてきましたから、いつドライアイになってもおかしくない生活だったのは事実です。

幸いまだ初期症状というか、軽度のドライアイのようですので、眼科に行って診てもらって早期治療が大切ですね。放っておくとどんどん症状が酷くなったり、角膜に傷が付いてしまうこともあるのです。目は常に潤っていないといけないのですから。

冬から春にかけては空気も乾燥していますし、春になると花粉症の影響などで目の症状が不安定になりやすい季節です。そんな時にドライアイが発症するケースも多いようですので、そうなる前に目を定期的に休めたり、意識してまばたきをするよう心がけてくださいね。