Home > コラム > 新生銀行よりSBIネット銀行の方が比較して便利だった件

新生銀行よりSBIネット銀行の方が比較して便利だった件

田舎に住んでいると、本当にネット銀行の方が便利なことが多いもので、ある程度貯金しておければ急ぎの振込みを簡単ですし、営業時間も短く場所も少ない地方銀行の不便さに比べればコンビニに出向く方が断然楽なんですよね。だから都内に住んでいた時よりも、今は便利で手数料が安いネット銀行を頻繁に使うことが多くなりました。都内に住んでいるときは大手銀行がメインバンクでしたが、それはやっぱりどこにでもATMがあることやATMの稼動時間が長い点が便利だったからです。近くにあってすぐに利用できるATMがあるから手数料も減らせる工夫ができましたが、ATMの少ない田舎では手数料がかからない日時に銀行に行くのは容易ではないんです。

そんなわけで私は最初に新生銀行を作り、最近SBIネット銀行で口座を作りました。使ってみてSBIの方が便利でお得だったので、その理由をまとめてみました。

振込みがお得なのはSBIネット銀行

新生銀行はだんだん無料振込の回数が減ってきたと思った、昔は3回くらいなかったっけ?今は預金額が低いと月1回しか無料振込はできない。そもそもそんなに振り込むことはないけれど、それでも1回って何か突然の時に不便なんですよね。それに比べてSBIは預金額が低くても最初から3回無料なのがすごく助かる。せいぜい2回くらいしか使用しないがこの点は非常に大きいですね。

ログインが簡単なのもSBIネット銀行

新生銀行のセキュリティは高いといえるのかもしれないが、とにかくログインが面倒くさい。。最初のログインで何個も入力しなければならない箇所があり、ちょっと残高を見たいって時でも厄介なのだ。厳重なのは良いことなんだと思うが、SBIは最初のパスワード入力が簡単でアクセスしやすいのが楽だし、振込の際には再度別のパスワードや数字を入力することになるので安全面でも悪くないのだと思う。
手軽にみれないのはやや面倒という点でも、新生銀行よりSBIの方が勝った点でした。

口座が細かく管理できて便利なSBI

ここまでくるとSBIネット銀行の宣伝とした思えない褒め方ですが、私は口座の金額を科目?別に分けたいというのが希望として合ったのです。多分ソニー銀行でも出来ることだと思いますが、新生銀行は出来ないのだ。分けられるメリットとして目的別に貯金をしたように出来たり、事業とプライベートのお金を分けて管理できたりもする(擬似的にだけど)
ただSBIのこの機能には使い難い点もあって、振込はメインの科目からしかできない(振り分けたとこからは不可)、これは出来るといいのに。

SBIの欠点は支店名

ネット銀行で多い変な支店名、果物だったり音楽のような名前だったり・・・無論SBIネット銀行もそうである。楽天銀行も同じ。別に支店名を可愛くしたり覚え易い名前にする必要はあるのだろうか・・・せめてもう少し普通の文言を使ってほしいところだ、いちごとかビジネスマンは嫌でしょうが。
その点では新生銀行はネット口座にすると本店となり一番無難でよい。むしろ本店という響きの方がカッコいいくらいだし。

カードのデザインや色を選べたりする点ではどちらも同じなので、その辺は好みの問題かもしれない。

総合的に判断すると、やっぱりSBIネット銀行がベストですね。セブンイレブンは結構どこにでもあるしね。