Home > コラム > うっかりミスを減らすための原因と対処法

うっかりミスを減らすための原因と対処法

うっかりミスとは本来起こすことも無いであろううっかりつい起こしてしまったミスのことですよね。自分でも何でこんなミスをしてしまったんだと落ち込んだり反省するほど情けない理由のミスなんではないでしょうか?難しい状況で選択を迫らせて選んだ結果ダメだった場合や、過去の経験から正しい対処法を選んだ結果ダメだった場合は「うっかりミス」とは言いませんよね。最善を尽くした結果の残念な結末といえばよいのでしょうか。

うっかりミスはあくまで自分の不注意が原因のミスのことです。うっかり気が抜けていた時、うっかり忘れてしまった時にそのミスはやってきます。うっかり起こしてしまったミスほど自分を責めたくなるミスはないのではないでしょうか?なぜこんなミスを起こしてしまったのかと後悔しますが、起きてしまったことは元には戻せません。

大切なのは、「なぜそのミスが起きてしまったのか」という原因の究明と、「どうすればそのミスを二度と起こさないように出来るのか」という再発防止の対策をどう施せるかにかかっているのだと思います。

うっかりミスの原因ほど、単純でミスの原因と本来であればならないものばかりです。とはいえ、なぜそんなうっかりミスが起きてしまったのかということをしっかり究明する気持ちが大切です。原因を考えようとしなければまた同じことが起きる可能性は非常に高いのです。簡単なミスのはずなのに、また同じことが起きる可能性が高くなるのです。うっかりミスほどビジネスの世界ではご法度なのではないでしょうか。うっかりミスを連発する人は信用を失いかねません。
そのミスが起きてしまった原因をしっかり把握できれば、その後の再発防止も可能となります。うっかりミスが起こる箇所ほど単純な作業のことが多いのかもしれませんので、そん中でいかに面倒な作業を追加してでもミスを未然に防げるかが重要になってくるのです。

うっかりミスも許してもらえるのは最初の1回という場合も少なくありません。相手にあきれられてしまえば次のチャンスは無いでしょうし、大切なお客様を逃してしまいかねませんよね。小さなミスが大きな致命傷にならないように、起きてしまった時は原因究明と再発防止策をしっかり施すことがなにより重要になってくることを忘れないようにしたいですね。