Home > 英語・英会話上達のコツ > お勧めの辞書「英辞郎」がなぜ良いのか

お勧めの辞書「英辞郎」がなぜ良いのか

インターネットが出来る環境であれば、いつでもすぐに調べられる辞書サービスは便利ですよね。単語のみならず、最近では英文を訳してくれたり、英語のページ自体を翻訳してくれたりもするのですから、英語が使えない人にとってはとっても有難いツールですよね。
中でもスペースアルクの「英辞郎 on the WEB」は非常にファンが多い辞書ツールです。英辞郎の良いところは、単純に単語の検索をするだけでなく、膨大な量の英文からも全て検索可能な点でしょうか。熟語やIDOMなど、複数の単語がつながった英語を調べたいことって非常に多いように感じます。英語で日記を書いていたりすると、こんな時にどういえばいいのかと悩んだりするのですが、そういった時も英辞郎の英文は非常に役に立ちます。
個人的に助かっているのが、カタガナで書かれた発音。単純に、「listen」なら「リスン」と書いてあるだけなのですが、普通の辞書だと発音記号だけなので、本当に自分の読み方が正しいのか・・・と悩むことがある私には大助かりなんです。もちろん正しい発音を身につけるためには、辞書などでちゃんと発音記号を調べる必要がありますね。

インターネットがなくても英辞郎!

「英辞郎 on the WEB」は残念ながらインターネットが繋がる環境でしか使えません。学校のPCや地人のPCなんかで調べる時には重宝しますが、毎日手元にあるPCではいちいちインターネットにつなげなくても辞書は使いたいですよね。モバイルPCならなおさらで、電車の中やカフェなんかでも、気がついた時にすぐ調べたいものです。
そこで私の一番のお勧めなのが「英辞郎」なのです。これはネットの辞書でも本の辞書でもなく、パソコンにインストールするタイプの辞書なんです。一度インストールしてしまえばいつでも使えますから、インターネットが使えない環境でも問題なし。
ネット版の英辞郎と辞書の内容は同じですが、こっちの英辞郎の便利なところですが、文字を1文字打つ度に検索結果を絞り込んで表示してくれる機能。曖昧なスペルの単語も探し易いですし、逆にスペルが分からなくたって、日本語からでも検索出来ちゃうんです。検索機能も非常に多彩で、正直私は使いきれてないです(笑)。すごく単純な機能ばかり使っていますが、このシンプルな検索が何より手軽だし、その上勉強になるのです。もちろん普通の辞書を使ってじっくり単語を調べることもしますので、用途に合わせて使い分ければ、非常に効率よく辞書を活用できると思います。普通の辞書はなかなか探し当てるのに時間がかかってしまいがちですが、英辞郎なら数秒で済んでしますますからね。

いつでもどこでも携帯で英辞郎!!

これはまさに究極の使い方です。携帯で英辞郎が使えたらどれだけ便利だと思いますか??

アルクでも「ポケット英辞郎」というサービスをやっていますが、これだと月の利用料とパケット代がかかってしまうのが痛いですよね。そこで登場するのが「PocheDic」という英辞郎を携帯電話で使用出来るDocomo専用のフリーソフト(iアプリ)です。インストールから設定は自分でやらないといけませんが、私でも出来たので難しくないと思います。とても素晴らしいツールですね!
携帯に辞書機能があれば、ラジオ英語の勉強中や外出中でも、いつでもどこでも調べられるのですから、気になった単語は片っ端から調べらられますし、非常にスキルアップ出来そうです。PC版のようなスピードはありませんので、検索結果表示まで少し時間がかかってしまいますが、それでもとても重宝しています。

私自身、家事やら仕事やらをやりながらの勉強なので、どれだけ効率よく勉強出来るかが結構大切です。そういった意味でも、英辞郎は私にとって心強い味方なんだと思います。