Home > 家を建てる > 一人暮らしの費用はどのくらい必要なのか

一人暮らしの費用はどのくらい必要なのか

誰しも一度は一人暮らしを考えますね。親元を離れて自由な生活を始める!まさに10代最後の夢ですね。とはいえ、現実問題色々考えなければいけないことが沢山あります。はたして今すぐ引っ越すべきなのか?それともしっかり計画を立てて実行すべきかが重要です。

一人暮らしはお金がかかる

言われるまでも無い事実ですが、一人暮らしは親元にいた時とは比べものにならないくらいお金がかかります。電気水道など光熱費、食費や家賃も全て自分で払わなくてはなりません。電気水道ガスは、使う量にもよりますが一人暮らしだと1万円いかないくらいだと思います。食費は節約したとしても数万円は必要ですね。家賃は住み場所によりビンキリですが、安くても3万円くらいからで、6〜8万円は見た方が良いかもしれません。もし学生であれば親からの仕送りもあるかもしれませんが、そうでなければ全額自分で支払わなくてはなりませんね。しっかりとした収入が無ければ生活をしていくことは難しいでしょう。

まずは引越し費用を計算すべし

引っ越すとなれば物件探し、契約となれば敷金や礼金、前家賃を支払う必要があります、家賃×2〜3倍ですね。不動産屋さんとの交渉によっては多少安くなることもありますが、大幅に少なくすることは難しいでしょう。プラス引越しに必要なのが引っ越し代ですが、引越し代は比較的節約しやすい部分です。引っ越す時期や引越し業者の指定日などにすれば、かなり安くしてもらえる業者もありますし、もしくは自力で引っ越すこともできなくありません。レンタカーでトラックを借りたり、自宅の車でも往復して荷物を運ぶことも可能です。初めての一人暮らしであれば、家具は引越し後に購入すれば運ぶ必要はありませんから、洋服など運ぶものも比較的小さいものばかりで済みますね。

家具・家電も必要なのが一人暮らし

今まで実家であれば共有できていた洗濯機や冷蔵庫、掃除機・冷暖房機器なども自分の家ように必要になってきます。またベッドやソファ、テーブルや収納家具なども必要になる場合もありますね。必要最低限安いものを購入するとしても、数万円〜10万円は必要になるはずです。後々買えば済むものもありますが、絶対必要なのはカーテンですね!意外と忘れてしまいがちなんですが、無いとかなり生活し難い状況になります。特に女性の場合は必ず引越し先の窓のサイズを採寸して、初日に付けられるようにしたほうがよいでしょう。

一人暮らしはやっぱり計画的に行うのが一番です。計算してみると想像以上にお金がかかるものです。ある程度資金があれば引越し後の生活も楽に始められますから、まずは親元にいる間にしっかり貯金をして引越しに備えることをオススメしますよ。