Home > ペットと動物 > 猫が餌を食べて吐く原因と対処法

猫が餌を食べて吐く原因と対処法

我が家には現在7匹の猫がいます。年齢も多少バラバラ。そんな中で、よく吐く猫とそうでもない猫がいることが分かりますが、そもそも何でこんなに猫は餌を吐くのだろうか?

よく言われているのが毛繕いをして飲んでしまった体毛を吐き出すということですが、普通の毛の長さの猫を飼っていて毛だけを吐くことはそんなに見かけません。先日猫を洗った後に、猫が一心不乱に体中をなめていたところ、その後毛だけを吐いていました。でももちろん吐くのは毛だけですね。

もうひとつ、草を食べて吐くことがありますよね。でもこれも飲み込んでしまった毛を吐くためのきつけ草?とでもいうんでしょうか、吐くために食べているんだから吐くのは当然ですし、多少観葉植物をかじったくらいでは吐きません。
まったく関係ありませんが、以前猫が置いてあった米ぬかを食べたらしく、部屋中に嘔吐した米ぬかが散乱していたことがありました。これはきっと体に合わなくて吐いたんでしょう(笑)

我が家の猫が吐くのを観察していますと、ほぼ食後直後から数時間の間で、嘔吐物は食べた餌のみです。
週に何度も吐くときもあれば、全く誰も吐かない週もあります。そこで色々調べてみた結果、食べた量や餌の種類に多少関係しているのではないかと思うようになりました。空腹すぎる状態でがっついて食べた場合に吐くことが多いようで、やはり一気に食べたことによる消化不良的なものではないでしょうか。吐き出す餌の原型がまだ完全なのを見ても納得ですし、あまり噛んでいないことも分かります。ドライフードのメーカーによっても吐き易い・吐き難いがあるように思うのは、材料や成分、輸入品の場合や大袋購入の場合の保存状態によって酸化しているなんてことも関係しそうです。

以前我が家では比較的小粒の餌を与えていたのですが、メーカーを変えてもあまりにもよく吐くため、今度は粒が多いメーカーの餌に変えてみました。噛まないで飲み込むのは難しいサイズですから、自然と猫も咀嚼してから飲み込むようになりました。結果各回数がだいぶ減ったのは確かです。ゼロではありませんが、かなり効果あったと思います。我が家は多頭飼いのため8kg入りサイズを購入していますので、保存方法も大事になってきます。そこで保存用のフードストッカーなるものを購入して使用しています。まぁ単なるデカくて密封度の高い蓋付き容器なだけです(いい値段しますが)

後出来ることとしては酷い空腹状態にしないということもあるでしょうが、共働きですので朝晩2回以上に分けるのは難しいので行っていません。

ちなみに子猫はほとんど吐くことがないようなので、やっぱり人間の大人が胃もたれし易い感じと似ているのかもしれませんね。

猫の嘔吐を体験すると病気かな?と心配になることが一度はあると思いますが、健康状態に異常が無さそうであれば一度餌を見直してみるのも良いと思いますよ!