Home > ペットと動物 > ペットの埋葬

ペットの埋葬

家で飼っている動物が死んだ時のお葬式や埋葬手段のことをあらかじめ考えている人は少ないかもしれません。多くの場合、病気などでだいたいの余命が分かってしまい少し考え始めるパターンと、いきなり事故や病気で亡くなってしまった場合かと思います。人間が家族どうして「私が死んだら・・・」なんてのどかに将来の話をするように、ペットのことまでしっかり考えないのかもしれません。
でもいざそんなことになった時に、急いで調べなくてはいけませんし、比較検討する暇もなく決めなければなりませんね。

私が子供の頃ですと、小さい動物は庭に埋めていました。金魚や鳥、リスやハムスターなんかは庭にたくさんお墓があって、母にお花を植えるかもしれないところにお墓作らないで!と怒られていました。うっかり掘ったら遺骨が・・・ということが何度かあったようですね(苦笑)
中には犬や猫といったやや大型の動物を庭に埋める人もいるそうですが、迷信なのか庭にそうした動物を埋めると後に家に来たペットに嫉妬して悪さをするとかいう話もありますよね。そういうことは別としても、やっぱり犬や猫を庭に埋めるのはちょっと抵抗がありますよね。かなり深く掘る必要がありますし、下手したらカラスや何かの動物に掘り返されてしまいかねませんから。

私の住む海沿いなんかでは、昔はみんな海の浜辺に埋めに行っていたと言うのです。比較的若い地元の人の話を聞くと、台車に乗せて埋めに行ったところ、人気の無い場所に穴を掘って埋めようとしたら他の骨が出てきたというのです。そんなこともあるわけですから、最近はみんなやらないようです(人目も気になる時代ですから)

そう考えますと、やっぱり遺体は火葬にするのが一番なのかもしれませんね。遺骨や遺灰は骨壷に入れたまま家の中に置いておけますし、もし土に帰したければ庭やどこかの土地に埋めてもいいですし、海に流してあげるのも良いですね。遺体のまま埋めるのは無理でも、小さな遺骨を埋めることは難しい話ではありませんから。

世の中には色々な人がいますから、どんなことをしているのかは分かりませんが、家族として愛した大事なペットですから、死後も出来るだけ身近に置いておいてあげることが一番の供養になると思いますし、ペットもそれを臨んでいるのではないでしょうか。もし豪勢な霊園に安置されても嬉しくないのではと思ってしまうのは私だけでないように感じます。