Home > ハワイでウェディング > 帰国後パーティーのドレス選び

帰国後パーティーのドレス選び

海外挙式も無事終わり、挙式に参加できなかった親族・友人等を集めて開く帰国後パーティーですが、新郎新婦の服装はどうなのでしょうか?結婚式のためにドレスやタキシードを購入しているのであれば、ぜひそのドレスを着るのが良いでしょう。参加者の皆さんにとってはこの帰国後パーティーが結婚式のようなもですし、新郎新婦の華やかな姿を見たいものです。「もう式は済ませているし・・・」と恥ずかしがることはないですし、その方がコスト削減にもなりますよね。
ではレンタルドレスの場合はどうでしょうか。海外挙式と同時に新婚旅行を楽しんでくる新郎新婦が大半だと思います。レンタルショップによってレンタル期間も違うかと思いますが、帰国後すぐにパーティーを開くとしても長期間レンタルする必要が出てしまいます。帰国後パーティー用のドレスを用意するのとどちらの方がコスト的にお得なのかを考えて決めると良いでしょう。

どんなドレスが最適なのか

自分だけのドレスがあるのであれば、豪華ですしそのドレスが一番だと思います。私の場合、ハワイでの挙式と帰国後パーティーは1.5ヶ月ほど期間が空いてしまいました。そのため、別途着る物を用意する必要があったのですが、あまり立派なドレスはパーティーの趣旨に合わない&予算をかけたくないという気持ちがありました。参加するのは親族だけですし、パーティーもアットホームな感じにしようと考えていましたので、ドレスもウェディングドレスほどではないけど、純白で花嫁っぽいものをと考えました。また、少しカジュアルな感じにしたかったので、ロングドレスではなくショート丈(膝下くらい)のドレスにしようと決めました。
そこで一番に思いついたのは、やっぱりレンタルドレス。ネットで色々探しましたが、値段とデザインのバランスの良いドレスを見つけることが出来ませんでした。次に探したのはパーティー用の衣装などを扱うお店ですが、こちらではやっぱり花嫁っぽいドレスを見つけられませんでした。困り果ててウェディングプランナーの方に相談したところ、値段も比較的安い販売専門のドレスショップを教えてもらい、早速見に行ったのがDress Black(ドレスブラック) さん。渋谷や日比谷、横浜にもショップがありますので、実際にドレスを試着することが出来る点も良いですね。また、ドレスの色やデザインも豊富ですし、値段の幅が広い点も最適でした。ショート丈の純白ドレスも数点あり、それぞれ試着して検討することに。最終的に決めたドレスはパニエが付いて3万8千円!ほぼ予算に近い金額で購入することが出来ました。もちろん安いだけに生地もチープな感じがしますし、作りも簡単なように感じます。だけど帰国後パーティーには十分!良い買い物が出来ました。

新郎の衣装

花嫁の衣裳には時間も費用もそれなりに費やしましたが、無頓着な旦那さまはどうしましょう(笑)。最初は「新しいスーツ買ってあげるね」と言っていたのですが、家にある黒のビジネススーツでいいか・・・と思うようになり、結局あるものを利用することにしました。本当は新郎も結婚式同様に白系のタキシードが一番良かったのですが、白は普段使えませんし、スーツ自体が予算内で購入出来そうもなかったので、結局はオシャレなシャツとアスコットタイ、ペアのスカーフを購入してアレンジすることに決定しました。

帰国後パーティーのドレス選びで重要なこと

一番大切なのは、パーティーの趣旨にあった服装だと思います。新郎新婦だからと言って、白いスーツやドレスを着なくてはいけないわけではありません。ましては、華やかな服装という決まりもないわけですから、アットホームであればカジュアルなドレス程度でも十分ではないでしょうか。日本食の料亭などでやるのであれば、着物も素敵だと思いますよ。

結婚式の主役は花嫁という場合も多いですが、親族同士の顔合わせの意味もある帰国後パーティーですから、ぜひ花婿さんにも素敵な格好をさせてあげてくださいね。