Home > 女性の生き方と心理 > 自宅で個人サロンやスクールを始める

自宅で個人サロンやスクールを始める

私が住んでいるのは千葉の房総半島なので、東京までも1時間半ほどで行ける距離です。お仕事で都内まで通われているサラリーマンも沢山います。
私自身も結婚前〜結婚直後は都内まで通っていたOLでしたが、結婚後マイホームを持ってからというもの、庭の手入れや掃除すべき範囲が広くなったことなど、やるべき家事が一気に増えたことで毎日の通勤が正直厳しくなりました。主婦って本当に結構やることが多いんですよね。

そんなわけで長距離の通勤を断念したのはいいのですが、いざ近場で仕事を探してみるとかなり厳しい状況でした。不景気真っ只中なのもあり、また一番は結構な田舎という点も大きくて、今までの仕事の経験を活かせるような仕事は皆無でした。。
パートは最低賃金ギリギリの仕事ばかり、正社員の募集はわずか・・・贅沢は言えないけどやりたいと思える仕事がない!!かなり凹む状況でした。

地元で仕事ができて、そこそこ収入を得たい、経験や好きなことを取り入れた仕事がしたい・・・

迷いに迷った結果、私は自宅を改装して自宅サロンを開くことにしました。
今までの会社員とは違って設備投資も経費も全部自己負担、お客さんが来なくても自己責任、リスクはもちろんあるわけです。でも夢もあれば職場も自宅だから時間を有効的に使えるわけです。頑張って結果を出せれば収入面も安定するわけですから、遣り甲斐だけはかなりありますよね。

今そう考えて起業する主婦が非常に多いのです。女性の職場復帰がしにくいのも影響しているのでしょうね。今までバリバリ仕事していた人たちですから、やる気も能力も申し分ないのです。ただそんな女性が能力を存分に発揮できる職場が近くにない・・・ということだけが問題なのです。

起業して自宅で仕事するにしても、職種にもよりますが子供の面倒は今までと同じように見れなくなる場合が多いでしょう。子供を親や保育所など預けられる環境を事前に確保しておかないといけないとは思いますが、数時間パートするよりもきっと高収入を得ることは可能でしょうから、悩むよりも一歩前へ行動してみてはいかがでしょうか?

自分の今まで就いてきた職種を活かして企業、好きなことを窮めて(スクールに通ってOK)企業など、どんなスタイルでも可能です。自分だけの小規模ビジネス、これからの社会で女性が生き抜いていくための一つの選択肢ですね。